美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Galetto des rois. ガレット・デ・ロワ
JUGEMテーマ:ブランディボアール・MIS EN DEMEUREの家具


【 Galette des rois 】 ガレット・デ・ロワ

P1070378.JPG

【 Galette des rois 】

ガレット・デ・ロワ

昨日1月6日はキリスト教の暦で、『公現日』エピファニー Épiphanie
(ギリシャ語で公現の意)でした。
*神がキリストの姿として現れた日といわれており、
現在のクリスマスはこの日だった。

そのエピファニーをお祝いしてフランスでは
『ガレット』というお菓子が食べられています。

集まった家族や仲間の中で最年少の子供が、
机の下に隠れガレットを切り分けるのを待ちます。

その切り分けられたガレットをその子供が集まったゲストに配り
皆で頂きます。

そしてこの日の最大のイヴェントは、
このガレットに忍ばせているフェーヴと呼ばれる陶器の人形を当てること。
(その昔は白いんげん豆で、最近ではプラスチック)

このフェーヴが入っていればその日の王様になれ王冠がもらえます。
(王になったからといって特に何か得をするということもないのですが・・・)
しかし、その王様になるとは別の意味も含まれているのです。


そう、その王様は次の『ガレット』提供者となるのです。  
次の集まりでガレットをその王様が用意し皆で食べ、
またフェーヴを・・・・と、一月中はこれが繰り返されます。

とはいえ、そうそう同じメンバーが集まることもそんなにはなく
一度きりの会で終わることの方が多いのですが
一月は人が集まれば誰かしらガレットを持ってくるので
自然と沢山のガレットを食べることになるのです。


昔はクリスマス過ぎから6日あたりで終わっていたのですが、
最近では1月いっぱいまでずっとガレットが出回っているので、
延々このフェーヴ当ては続くというわけです。

人が集まればガレット、そしてフェーヴというように。
ガレットの食べ比べが出来るほどガレットを食べつくす月なのです。
 

P1070385.JPG

ガレットにもいろいろあり、ブリオッシュのような生地のものもあれば
パイ生地にアーモンドクリーム(フランジパン)の詰め物が入ったもの、
チョコやジャム入りという変わり種もあります。
(日本ではアーモンドクリームのものが主流)

この季節日本でもこのガレットが年々浸透してきたようで、
日本のケーキ屋さんに並ぶのも普通となってきました。

私の好きな”フランジパン”のお菓子であるガレットは、
一年の楽しみの一つでもあり、年末からお正月
そしてガレットと続き体重増加が免れない悩める季節でもあります。汗

そんなことを頭の隅で思いつつ、見かけるとついつい手が出てしまうガレット

でも、やめられないフランスの楽しいお祝い行事です。

今年は、ご家族で、お友達同士で新しいイヴェントとして

ガレット・デ・ロワ楽しみませんか?



サロン・デュ・ショコラ Salon du Chocolat Paris 2014

e44ddce4_29fa_4208_a819_50e3634c2b15.jpg


サロン・デュ・ショコラ 2014

パリでは20周年のアニバーサリーを迎えます。

10月29日から11月2日までショコラのお祭りがパリで開催され

新しいチョコラの可能性を競って世界中から集まったシェフたちが披露。

今年も500の参加者と200にものぼるチョコラティエ・シェフ達の

饗宴がみどころとなります。

今年は20周年ということもあり様々なイヴェントも盛り沢山。

日本で開かれる【サロン・デュ・ショコラ】は半年ほど遅れて開催されますが

そのテーマが先日発表されてばかり。

2015年のテーマは『
Chocolat, Patrimoine Universel 〜未来へのオマージュ〜』

日本のイヴェントも今から楽しみですね。

詳しくはこちら→ 

PARISはこちら→ 
 




 
Pâques 復活祭
JUGEMテーマ:ブランディボアール・MIS EN DEMEUREの家具


Le Royal Monceau Paris par PIERRE HERMÉ PARIS

『 Pâques 』 復活祭。

イエス・キリストが十字架にかけられ、その3日後に復活した日を祝う

キリスト教最大のお祭り。

今年の復活祭は、4月20日。

フランスでは、ヴァカンス・ドゥ・パックといわれる休暇もあるくらい。

ちょうどそのころの2週間ほどの春休みが重なるため

こう呼ばれるらしいです。

『 Pâques 』パックの前になると、ショコラティエやパティスリーなどでは

このLapinラパン  ウサギや卵をかたどったショコラが並びます。



Par Sebastien Gaudard

アルザスの方では『 Agneau Pascal 』 アニョー・パスカルという

羊をかたどったパウンドケーキのようなリッチなお菓子も。

ヴァカンスにしろお菓子にしろ一年中を通して楽しいことを

している人種だと思ったりします。

ほとんどの祝日や行事は、宗教的なことに絡んでいますが

そうやって人生を楽しくするイヴェントを昔から生み出しているの?!

と、思えたりします。

楽しく生きること。。。いい響きですねサキ


 
フランス直輸入家具と雑貨のSHOP            フレンチシックインテリアのご提案             ≪ÉLOGE de la simplicité≫             エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ
京都市上京区駒之町561-4 
スカイマンション1F
日・火曜定休 11:00〜19:00
TEL&FAX075-708-6879
河原町丸太町の交差点からすぐ。
pink.jpg
Galette des rois ガレット・デ・ロワ


Par Cote maison "Cuisine en Scène"

1月6日の Épiphanie エピファニー(公現祭)の日からイベント的な
お菓子となったガレット・デ・ロワ。

1月になると日本のパティスリーでも普通に目にするようになりました。

地方、国によってこのガレット・デ・ロワもいろいろあるようですが、
私は、このフランジーヌパン(アーモンドプードルの詰め物)が
大好きなので、フランスのパイ生地(フランスでも各地で生地が違います)
のガレット・デ・ロワを、日本でも毎年一度は食べます。

一月中フランスでは、家族や友達が集まればこのお菓子を食べ
フェーヴの当りを願い?!ます。

今年はいくつのガレットを食べられるか・・・

そう、集まれば、どこかへお邪魔すれば出てくるガレット。
フェーヴも年によってはいくつも当たったり。

去年はパリでピエール・エルメの1切れ6ユーロもする!!
(普通2〜3ユーロ)のガレットを頂きました。
もちろん、リッチな味わいはおいしくないわけがありません。

アンスティチュ・フランセ関西では毎年ガレット・デ・ロワのイベントを開催。
人気店のガレットが勢ぞろいするという贅沢イベント。
今年は1月11日(土)
機会があればぜひ!おいしいガレットが沢山!!!
帰りにエロージュに持ってきてもらえればうれしい。。。な。

アンスティチュ・フランセ関西 稲畑ホール
〒 606-8301
京都府 京都市 左京区吉田泉殿町8


  フランス直輸入家具と雑貨のSHOP
  フレンチシックインテリアのご提案
 ≪ÉLOGE de la simplicité≫ 
  エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ
京都市上京区駒之町561-4 スカイマンション1F
日・火曜定休 11:00〜19:00 TEL&FAX075-708-6879
河原町丸太町の交差点からすぐ。

pink.jpg




JEAN-CHARLES ROCHOUX ジャンシャルル・ロシュー
京都・滋賀・大阪・兵庫 フランス家具 フレンチインテリア
デザイン設計のご提案いたします。

≪Éloge de la simplicité≫ エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ




R0012617_copy.jpg 

引き続きPARISのお話に戻ります。

こちらもアパートからほど近い場所にあったショコラティエ

JEAN-CHARLES ROCHOUX ジャンシャルル・ロシュー

R0012614_copy.jpg

この前を通る時はいつもお昼時か閉店してからで、結局滞在中には

一度も店内に入ることは出来ませんでした。

R0012611_copy.jpg

こちらの特徴は何と言っても芸術的かつ創造的なチョコラティエ。

ウインドウを見れば一目瞭然。

R0012613_copy.jpg

いきなり鹿の頭とごあいさつ。

R0012611_copy.jpg

下には小さな子供たちとキジ?!やキノコ!!

R0012612_copy.jpg


そして、極めつけはこちらチョコをくるくる削る道具を使って

食べる、遊び心のある仕掛け。

R0012615_copy.jpg

この器具、何を思いだすかって、あのTete de Moine(テット・ドゥ・

モワンヌ)を削る時の道具Girolle(ジロール)そのもの。

フランスとジュネーヴの国境辺りに位置するJURA(ジュラ)地方のチーズ。

”修道士の頭”と言う名前で、その昔修道院が持っていた土地で小作

していた農民が土地代替わりにチーズを納めたことからとか。

ジュラ山脈はフランスでも有名な山で、ジュラのワインやチーズも

美味しいと知られています。

まさかテット・ドゥ・モワンヌをこのParisのショコラティエで

思い出すとは。。。

あぁ、またチーズとワインが恋しくなってきたぁ。


*ちなみにこちらのショコラ、伊勢丹でもバレンタインに向け販売
されるそう。しかもロシュー氏も来日されるとか?!

JEAN-CHARLES ROCHOUX ジャンシャルル・ロシュー
16 Rue d'Assas 75006 Paris (Metro:Rennes)
TEL:01 42 84 29 45
http://jcrochoux.fr/




   フランス直輸入家具と雑貨のSHOP 
   フレンチシックインテリアのご提案

    ≪Éloge de la simplicité≫ 
   エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ
 京都市上京区駒之町561-4 スカイマンション1F 
日・火曜定休 11:00〜19:00 TEL&FAX075-708-6879
   河原町丸太町の交差点からすぐ。
Les Marquis de LADURÉE ラデュレのショコラ専門店
『レ・マルキ・ド・ラデュレ』
BLANC D'IVOIR ブラン ディヴォア 取扱い店

≪Éloge de la simplicité≫





2012年12月19日 14 Rue de Castiglione にオープンしたばかりの
Les Marquis de LADURÉE
ラデュレのショコラ専門店『レ・マルキ・ド・ラデュレ』

いつも行くカルチエを散策中新しいお店を発見!と覗いてみると

素敵なパッケージとカラフルなショコラが目の前に!!



思わず名前も確認せず店内へ。

おいしそうなチョコが宝石のように並べられ選ぶのも一苦労。

店員さんの丁寧な説明を聞きながらマカロンをチョココーティング

した新感覚チョコ発見!?

おいしそうだ〜と思い改めてロゴを確認。



なんとあの『ラデュレ』!

12/19オープンしたのラデュレのチョコレート専門店。

通りでパッケージや店内のデコレーションが素敵なはず。

パッケージの色やデザインが新しい。



チョコの説明も小さな冊子に手書き風イラストでしたためられ

心憎い演出にまた心を揺さぶられる。



世界中にファンが居るのも納得。そしてもちろんおいしいし。





そしてその前日、偶然本屋さんで見つけたラデュレのエスプリが詰まった本
『L'Esprit Décoration LADUREE』!!





インテリアを模した飛び出す3D絵本付きという豪華版。

3D絵本はとってもとーっても凝っていて裏側の細部まで

手抜きなし!

ラデュレの真髄、インテリアからパッケージに至るまでの

デザインソースの秘密が詰まった一冊。

中を少しお見せしますね





ページをめくるだけでもワクワク。

早くじっくり読みたい!!



3D絵本を見ていると子供のころに戻った気分になってしまう。



実は私、特にラデュレファンという訳ではなかったのです。

職業柄、色やデザインには敏感で常に色んなものを見て勉強しています。

今注目の女性のこころを魅了するブランド『ラデュレ』に興味を持ち

その秘密を探るべくお店に行ったり商品を買ったりしていました。

知れば知るほど奥深く、一貫したデザインコンセプトと洗練された

完成度の高い商品群。

常にワクワクさせるデザインセンスに脱帽。

マカロンよりもお店作り方や色、パッケージデザインにすっかり魅了

されてしまいました。


そして惜しげもなくそのデザインソースを披露し、ファンに共有する

懐の深さがさすがのラデュレ!


このラデュレのエスプリが沢山詰まった本。

まだ12月5日に発売された出来たてホヤホヤ。

ラデュレ好きにはもちろんインテリアやデザインをされている方には必見!

お薦めの一冊です。

フランス語版しかまだ出ていないようですがそのうち英語版も出ること

でしょう。

読めなくても見ているだけでも十分楽しめる素敵な一冊。

パリに行かれた時にぜひ!!


『Les Marquis de Ladurée』
14, rue de Castiglione
75001 Paris

『L'Esprit Décoration LADUREE』
CHENE社 49.90€


ラデュレのレシピ本


パリのラデュレで買ってきていたスイーツ編レシピ本。
お料理編もありました。





写真やスタイリングがどこか昔っぽくて見ているだけで楽しい。

レシピ本は材料を読んでいるだけでワクワクしてきます。

日本でも発売されているようなので是非!
Paris ラデュレロワイヤル店



サンジェルマン・デ・プレ界隈を歩いていたらラデュレ
ロワイヤル店前に来たのでお茶を頂きました。

もう5時過ぎだったので人は少なかったので待ち時間も
少しですみました。

一階は天窓から入る光りで気持ちいい空間。




今日はモンブランとアールグレイラデュレブレンドを注文。






モンブランや他のケーキ類はもうひとつだったかな。
日本のケーキ屋さんの方が断然美味しい

マカロンはここのがお勧めだけど。



こちらが二階で天井は低く暗い感じの店内。
どちらかというと大阪のラデュレの雰囲気。
家具も同じものを使っていました。




お菓子と料理のレシピ本が売られていたので購入。
写真のコーディネートが参考になりそう。
もちろん作ってみますよ!
LADUREE  ラデュレ大阪



今日行ってきましたラデュレに。

大阪伊勢丹の2階にあるカフェ。

お茶の時間も過ぎて少しゆっくりとした時間帯。

混んでいなくて落ち着いたひとときでした。

何を頼もうかとメニューを一読。

アフタヌーンティー(3500円だったかな?)から

サンドイッチなどの軽食、パフェ、フレンチトーストも

ありました。もちろんマカロンは必須。

ケーキもいろいろあります。

でも、私の目に飛び込んできたのは”シャンパーニュセット”

むふふっ。

マカロン2個とシャンパンのセット。

ちょっと夜までには早いけど…頼みました♪

マカロンはアンコアイヤブル(日本語訳=信じられない!)と

ローズペタル(バラの花びら)をチョイス。

アンコアイヤブルは何の味かは分からなかったな。。。

ローズのほうはしっかりローズのお花の香りがしてました。

どちらもシャンパンにあいます。

そうそう、シャンパンはボトルにラデュレのラベルが貼ってあり

オリジナルな感じでサーブされていました。



これは店内の絨毯の模様。

なんてかわいい!

店内はクラッシクなデコレーション。

調度品や家具も落ち着いた感じ。

でも重厚過ぎずほどよいクラシカル感。

私、実はこうゆう感じ好きなんです。

フランスのクラッシックなインテリア。

スイスの学校で学んでいた時はもちろんインテリアの

歴史も勉強したのでルイ15世とか17世とかって

いう王道インテリア。

ごてごてのゴシックなどなど。

でも、日本での仕事は、日本人好みの北欧風で

モダン、シンプルな設計やデザインが多いのです。

時々インテリアコーディネートとかデザインだけ

頼まれたりするときは、ちょっぴりクラシカルな

提案もしたりします。

でも、ここまでしっかりとではありませんが。

私がインテリアに興味を持ったきっかけもこんなクラシカルな

インテリアが好きだったから。

今後はこんなクラシカルな感じももう少し

やっていこうと思います。


今日のラデュレは、仕事の合間の有意義なひとときでした。

帰りにお土産にマカロン買って家路に〜♪♪