美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< The NoMad Hotel New york | main | コルマールとプティット フランス >>
塚本有紀さんと一緒にクリスマスケーキを
MIS EN DEMEURE 大人インテリア

≪ELOGE de la simplisite≫





クリスマスイベント 

”今年のクリスマスはご家庭で
ワンランク上のエレガントなパーティーを”

2012年11月11日 塚本有紀さんをお迎えして

”ブッシュ・ド・ノエル クラッシックスタイル”を作って頂きました。

その他”トゥーレーヌ地方のクレメ フランボワーズのクーリ添え”

”自家製ミカド”もお教え頂きました。

まず”ブッシュ・ド・ノエル クラッシックスタイル”から。

6.jpg

美味しそうに焼きあげられたビスキュイ。

5.jpg

たっぷりのマロンクリームとマロンペーストを発酵バターに入れ
ふんわりとしたクリームに仕上げていきます。

4.jpg

ビスキュイにはマロンクリームと沢山の栗がごろんごろん!

8.jpg

そっとクリームが巻かれていきます、ビスキュイには香りのいい
ラム酒を塗りながら。

9.jpg

そして一番難しいクリームの絞り出し。

11.jpg

先生はすーっ、すーっと真っすぐ簡単に絞り出されていきます。

12.jpg

でも、こんな上手くはいかないぞ〜と、傍で見ながら先生の
手さばきを眺めておりました。

13.jpg

デコレーションのためのチョコレートの葉っぱは、本物のナンテンの
葉にチョコを塗り固めたもの。

14.jpg

葉脈がきれいに出てうつくしいパーツに。

2.jpg

そして、メレンゲのキノコやくるくるのチョコ、栗などを乗せて完成!
なんと綺麗な本格派ケーキ!!

1.jpg

次はクレメ、フランボワーズのクーリ添え。

10.jpg

その名と通り真っ白なフロマージュ・ブランを使ったのお菓子は超簡単。

7.jpg

美味しいフランボワーズのソースをかけて出来上がり。
酸味のあるさっぱりとしたフレッシュなデザートです。

もう一つはミカドという名の棒状に焼いたクッキーを、溶かした(フォンデュ)チョコにつけて食べるデザート。いろいろなフルーツを添えてご一緒に。

3.jpg

そして待ちに待ったご試食の時間。
アンシャンテの青い矢車菊の花びらが美しいスウィートダージリンを今回は選びました。ほんのり香り立つダージリンは一緒に食べるお菓子にベストマッチ!

甘いものばかりだと食べ疲れるからと先生がレシピにない塩味のシフォンケーキを焼いてきて下さったんです!
ドライトマトやチーズやいろいろ入ったシフォンケーキは、みなさんおいしー!とパクパクしっかり召し上がってらっしゃいました。

レッスン中は真剣にメモを取りながら、先生へご質問も積極的にされてました。お家で作られた方、写真なんか送って頂けると嬉しいです。楽しみにしております。

帰りは先生の干しイチジクのたーっぷり入ったパウンドケーキをお持ち帰りして頂きました。盛りだくさんの内容で楽しい時間はあっという間に過ぎました。

また、何かおいしい企画立てたいと思います。


おまけ・・・

15.jpg

ブッシュドノエルの仕上げの時に出るケーキの端っこ。
写真を撮りながら目が釘付け。
端っこって魅力的!だと思うのは私だけでしょうか・・・










スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/113
TRACKBACK