美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< FLEXFORM & CASAMANCE フレックスフォルムとカサマンス | main | MIS EN DEMEURE 照明コレクション >>
JEAN-CHARLES ROCHOUX ジャンシャルル・ロシュー
京都・滋賀・大阪・兵庫 フランス家具 フレンチインテリア
デザイン設計のご提案いたします。

≪Éloge de la simplicité≫ エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ




R0012617_copy.jpg 

引き続きPARISのお話に戻ります。

こちらもアパートからほど近い場所にあったショコラティエ

JEAN-CHARLES ROCHOUX ジャンシャルル・ロシュー

R0012614_copy.jpg

この前を通る時はいつもお昼時か閉店してからで、結局滞在中には

一度も店内に入ることは出来ませんでした。

R0012611_copy.jpg

こちらの特徴は何と言っても芸術的かつ創造的なチョコラティエ。

ウインドウを見れば一目瞭然。

R0012613_copy.jpg

いきなり鹿の頭とごあいさつ。

R0012611_copy.jpg

下には小さな子供たちとキジ?!やキノコ!!

R0012612_copy.jpg


そして、極めつけはこちらチョコをくるくる削る道具を使って

食べる、遊び心のある仕掛け。

R0012615_copy.jpg

この器具、何を思いだすかって、あのTete de Moine(テット・ドゥ・

モワンヌ)を削る時の道具Girolle(ジロール)そのもの。

フランスとジュネーヴの国境辺りに位置するJURA(ジュラ)地方のチーズ。

”修道士の頭”と言う名前で、その昔修道院が持っていた土地で小作

していた農民が土地代替わりにチーズを納めたことからとか。

ジュラ山脈はフランスでも有名な山で、ジュラのワインやチーズも

美味しいと知られています。

まさかテット・ドゥ・モワンヌをこのParisのショコラティエで

思い出すとは。。。

あぁ、またチーズとワインが恋しくなってきたぁ。


*ちなみにこちらのショコラ、伊勢丹でもバレンタインに向け販売
されるそう。しかもロシュー氏も来日されるとか?!

JEAN-CHARLES ROCHOUX ジャンシャルル・ロシュー
16 Rue d'Assas 75006 Paris (Metro:Rennes)
TEL:01 42 84 29 45
http://jcrochoux.fr/




   フランス直輸入家具と雑貨のSHOP 
   フレンチシックインテリアのご提案

    ≪Éloge de la simplicité≫ 
   エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ
 京都市上京区駒之町561-4 スカイマンション1F 
日・火曜定休 11:00〜19:00 TEL&FAX075-708-6879
   河原町丸太町の交差点からすぐ。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/133
TRACKBACK