美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Parisのパン屋さん Poilane ポアラーヌ | main | LADUREE  ラデュレの屋台?! >>
水から見える 美食家フランス人



このTHONONのお水、帰りのエールフランスの機内食に出ていたもの。

このTHONONは赤いエンブレムが懐かしいHaute-Savoieオート・サヴォア

地方のミネラルウォーター。

私がフランスに住んでいたのがこのHaute-Savoieでこのすぐ近くにあの有名なエビアンもあります。

この地域はアルプス山脈に囲まれたおいしい天然水の宝庫。

沢山の美味しい水が湧き出ています。

その為、このアルプス周辺にはスイスイタリアを含め高級スパリゾートや温泉なども多く点在します。


まず驚くのは、フランスのスーパーに並んでいるミネラルウォーター種類と数。

30-40程の種類は、大きいスーパーなら置いてあるでしょう。

小さい商店でさえ数種類は必ず置いてあります。

そしてその中からワインを選ぶかのようにフランス人は、好みの水を選び出すのです。

私も滞在中は色々飲んで試してみました。自分に合う好みの味を探すべく。

その日の気分や体調に合わせてほんとワインを選ぶかのように飲んでいました。

天然のミネラルウォーターというだけあって、豊富な自然のミネラルが含まれています。

普段食物からは摂るのが難しいミネラルも、手軽に摂る事が出来るのがこのミネ

ラルウォーターのすばらしいところ。

あの水はマグネシウムが豊富だとか、最近カルシウム不足だからこの水にしよう

とか言って、フランス人の友達が水選びをしているのを聞いているうちに、自然と

私もそのように水を選ぶようになっていました。

もともとフランスでこれだけミネラルウォーターが普及したのは、フランスの水の

質が悪いということもあります。

実際友人の住んでいる地域は石灰分が多くて水のタンクやシャワーの穴が石灰で

詰まることもしばしばありました。

でもここまでの沢山の種類がお店に並ぶのは、食に拘るフランスだからでしょう。



私はフランスを離れてからも、ミネラル補給のためによくミネラルウォーターを

買って飲みます。

そして中に入っている成分もちゃんと確認しながら。

日本の水もいろいろ試しましたがやはり慣れ親しんだ水についつい手が伸びてしまいます。

私が好きなのはこのコントレックス



その独特のとろみ感と味がお気に入り。でも強い個性のこの味がダメっていう人も結構います。

コントレックスは、一時日本でダイエットに良いとかで凄く流行った時期もありました。

でも最近は、値段も落着きとても身近なミネラルウォーターになりました。

コントレックス愛飲者としては嬉しい限りです。

そして、炭酸水ではこちらVALS



こちらもオート・サヴォアの近くで採水される天然の炭酸水。

日本ではペリエがあまりにも有名ですが、ヨーロッパではそれ以外の炭酸水の

方がポピュラー。

炭酸の強さも様々でもちろん味も違います。

このVALSは微炭酸でやわらかい口当たり。

好みが分かれますが、私はペリエのようにパンチのある炭酸が苦手なので

この微炭酸のVALSがお好み。

でもなかなか日本では、ほど良い炭酸具合の水が見つからなくて。。。

でもこの2年くらい前に、あの輸入食材でも有名なKALDIで見つけたのです!

お値段もとーってもお手頃でお財布にもやさしい。

久しぶりに飲んだVALSの味は格別でした。 

って、ちょっと大げさですね水ごときで。笑

もしKALDIに行かれて見つけられたらぜひ試してみて下さい。

日本人には比較的飲みやすい味だと思います。すこしナトリウムが多いので

運動をされる方にはお薦めです。

コントレックスは、カルシウムが多く含まれているので女性にお薦め。

水の成分や効能はこちらを参考にして頂くといいかも→





スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/136
TRACKBACK