美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 6月5日(水)臨時休業のお知らせ | main | 好きなもの 《食べ物編 Reblochon》 >>
好きなもの 《食べ物編》

  フランス直輸入家具と雑貨のSHOP
  フレンチシックインテリアのご提案

  ≪Éloge de la simplicité≫ 
  エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ
京都市上京区駒之町561-4 スカイマンション1F
 
日・火曜定休 11:00〜19:00 TEL&FAX075-708-6879
河原町丸太町の交差点からすぐ。

オンラインショップ
http://eloge-online.ocnk.net/



私の好きなもの。



サラダの芯。



1株のサラダ菜に一つしかない中心部分。

ひとつしかないから貴重で愛おしい。

八宝菜のウズラの卵みたいな、ちょっとうれしい存在。


フランスに居たとき友達に教えてもらったとっておきの食べ方。

それはいたってシンプル。



塩で食す。  笑



そう、ただそれだけなんだけど、とても小さい部分で一つしかないから

分けて食べましょっ、なんて出来ない。

だからそれを食べるられるときの優越感は格別♪

なーんて、野菜が好きなひとじゃないとこの気持ちわかってもらえないかな。。。


このサラダ菜は母の畑からやってきたもの。

今が旬で、その葉は、透き通るような薄さでやわらかく苦味もほとんどない。

私は何もつけずばりばりいってしまいます。

旬のもので採れたては最高!


中でもこの芯の部分は、主役の葉っぱよりこの上なく甘くやわらかい。

でも、サラダを作るとき、この部分はあまり見た目に綺麗じゃないから

お皿に盛るときはいつも底の方の見えないところに追いやられる。

こんなにおいしいのに…


今が旬のサラダ菜。

お店でなるべく小玉を選びましょうそしてつめたく冷やして。


あえてこの中心の部分を味わってみて下さい。

きっとハマリますよ。 笑



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/151
TRACKBACK