美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< プレゼントに・・・ | main | シャネル、クリスチャン・ディオール、ランバン、プラダのドール!! >>
Vin Nouveau  ヴァン・ヌーヴォー


先日はボジョレーヌーヴォーの解禁日でした。

一昨朝、フランスのラジオ(毎朝フランスラジオを聴いて出勤するの
が私の日課)でヴォジョレーのトピックを聞きながら思い出したものが。。。

それは『Bourru』ブリュ。

ヴァン・ヌーヴォーと言われるワイン造りの始まりの時期に味わえる
特別な飲み物。

9月から10月あたりにワイン産地近くで飲むことが出来ます。

白ワイン用のぶどうを絞り、その果汁が発酵しかけのまだまだ若ーい
ジュースのようなワイン。

日本で言う日本酒の『あらばしり』のようなもので、発酵過程のワイン
なのです。

ワイン仕込みの季節にマルシェやスーパーなどに並びます。

その発酵が進んでる状態の『ブリュ』は非常にデリケート。

なぜならのビンの口は発酵の妨げにならないように密閉されず、穴の開
いたプラスチックの蓋がしてあるからです。

かなりの発酵でシュワシュワと音が聞こえるほど。

こんな状態で密閉してしまうと容器がはじけてしまいます。

この時期、スーパーに行くと誰かがこぼしたり、自然にはじけたビンで
床がぬれていたりするのです。

持って帰る時は傾けないように慎重に。。。


そのお味はと言いますと、白濁したシードル(フランスブルターニュの)
の様に少し甘く、炭酸がパチパチここちいい。

アルコール度数も5%くらいで、飲みやすいのでついつい飲んでしまう
のです。。。でもちょっと危険。

フランスに居たころは、毎年楽しみにしていました。

なぜなら、ほんのわずかな期間しか味わえないし、フランスのどこでも
飲めるものではないからです。

発酵している半開き状態のビンは輸送に不向きなので、ワイン産地の
近く、ごくわずかな地域でしか味わえないものなのです。

価格もお手頃で、気軽に味わえるうれしい初物『Bourru』。

そんな時期に遭遇したら是非飲んでみて下さいね!

  フランス直輸入家具と雑貨のSHOP
  フレンチシックインテリアのご提案
 ≪ÉLOGE de la simplicité≫ 
  エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ
京都市上京区駒之町561-4 スカイマンション1F
日・火曜定休 11:00〜19:00 TEL&FAX075-708-6879
河原町丸太町の交差点からすぐ。

pink.jpg








スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/224
TRACKBACK