美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< パリ最新☆子供部屋のインテリア☆ | main | Maison & Objet  メゾン・エ・オブジェ >>
Paris Deco Off...  パリ・デコ・オフ

IMG_5684.JPG

『Paris Deco Off...』  パリ・デコ・オフ

もう、4、5年前になるでしょうか。

1.jpg
パリ市街左岸6区

突然の嵐に見舞われ、メゾン・エ・オブジェの特設会場となっていた
インテリアファブリックの展示会場が、一時閉鎖という事態になった
ことがありました。

6.jpg
マニュエル・カノバ

ちょうどその年に訪れた私は思いもよらないことで、予定がくずれ
結局その年の新作を見れなかった想い出があります。

2.jpg

それ以来、各メゾンはパリ市内に会場を移し『Paris Deco Off...』
というものを、メゾン・エ・オブジェとは別に開催するようになりました。

8.jpg
ジム・トンプソン

各メゾンにしたら、それぞれのショールームを使うので、わざわざ高い
フィーを払って出展することはなくなるし、すべてのカタログや見本が
揃うショールームは都合がいい。

9.jpg

それにショールームだと、メゾンそれぞれの世界観が表現でき、
大切なゲストをゆっくりと迎えられるのですから主催者側は
メゾン・エ・オブジェより、より手厚くクライアントを迎えられます。

7.jpg
ブラヌニエ  ファディニ・ボルギ

でも、それを見に行く側としては大変!
パリ市内を、2区の右岸と6区の左岸を行き来して回らないといけない
のですから。

11.jpg
ピエール・フレイ

この期間(今年は1月23日〜27日)パリ市内のショールームがある
界隈は、楽しいデコレーションや凝ったショーウィンドウのディスプレィで
楽しませてくれ、いつもとは違うとっても華やいだ雰囲気になります。

10.jpg

もちろん一般の人も入れるのですが(場所によっては断られるところも)
ほとんどその時期は業界の人達ばかりで、入れる雰囲気でもありません。。。

3.jpg
オズボーン&リトル  これが可愛かったー! 

中ではシャンパンやフィンガーフードなどを頂きながら、楽しく商談。

4.jpg
これ全部生地で作ってあるんです!!

それもまたメゾンとは違う楽しさがありますね。

5.jpg
見えにくいですが… ほとんど裸、です。

こちら、ショーウィンドウで、ボディペインティングをした女性が
絵のようにポーズをとったりしているという、すごいメゾンもありました。

ウィンドウを見ているだけでも楽しいのです。

私が行った日はあいにくの雨でしたが、綺麗な新作を見れたので
そんなことも気にならなかったのです。

美しいものを見ていると時間を忘れますね♪


  フランス直輸入家具と雑貨のSHOP
  フレンチシックインテリアのご提案
 ≪ÉLOGE de la simplicité≫ 
  エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ
京都市上京区駒之町561-4 スカイマンション1F
日・火曜定休 11:00〜19:00 TEL&FAX075-708-6879
河原町丸太町の交差点からすぐ。

pink.jpg


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/243
TRACKBACK