美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 映画 『イヴ・サン・ローラン』 a Paris | main | BLANC D'IVOIRE ・ MIS EN DEMEURE  テーブルウェア >>
ラデュレとサフィア・ベンダリとミゾンドゥムール



Par ELLE DECORATION

あのラデュレのイメージ・コミュニケーションディレクターとして
その美的のセンスは素晴らしいSAFIA BENDALI サフィア・ベンダリ氏。

今のラデュレをここまでセレブリティな存在とした陰の立役者。

そんな彼女が公私共に愛用する『MIS EN DEMURE』は、
今までも、ラデュレ本などに度々登場してきました。

そして先日、メゾン・エ・オブジェで『MIS EN DEMURE』のブースに
ラデュレのサロンドテで採用されたというチェアがお披露目されていたのです。

オーストリッチプリントのきれいな薄いブルーが新鮮な
Fauteuil Theatreフォトイユ・テアトル。写真はこちら⇒ 

オーストリッチという個性的な柄に、さわやかなブルーを合せる
高度なセンスに脱帽です。

ラデュレの前、サフィア氏はファッションジャーナリストや
プレタポルテのメゾンでMDなど、モード界の第一線として活躍していた
という異例の人物。

美に対するこだわりや、洗練された色使いは、モードという
世界で培ってきたからなのでしょう。

今のラデュレの世界観である、クラシックを意識しながら、
洗練された中に少しロマンチックな要素も持合せる彼女のセンスは、
彼女そのものと言えるのかもしれません。


この、エルデコに掲載されている自邸写真は2009年のものですが
素敵な彼女の世界観が広がっています。

サフィア・ベンダリ氏をラデュレのシグネチャーと評する私は(勝手にですが 笑)
ここ数年注目してい女性の一人でもあります。


MIS EN DEMEURE の商品はこちら→ 


  フランス直輸入家具と雑貨のSHOP
  フレンチシックインテリアのご提案
 ≪ÉLOGE de la simplicité≫ 
  エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ
京都市上京区駒之町561-4 スカイマンション1F
日・火曜定休 11:00〜19:00 TEL&FAX075-708-6879
河原町丸太町の交差点からすぐ。

pink.jpg




スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/249
TRACKBACK