美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< パリ 『 ULTRAMOD 』 ウルトラモッド | main | Le cordon bleu Paris ル・コルドン・ブルー パリの受講! >>
Wallpaper * インテリア 




築40年ほどのお客様のお宅。

応接間(最近ではこの言葉も使わなくなりました。)の

壁紙と絨毯を新しく替えたいとのご依頼。

こちらのお宅は洋風のその当時では”ハイカラ”と言われていた

建築の一戸建て。



壁紙も今ではほとんど見ることの無くなった布の壁紙。

下地の灰汁がシミ出てきてしまってます。

生地の風合いや織模様が独特の雰囲気で『レトロ』と言う表現が

ぴったりですがとても素敵な壁紙でした。



お客様の要望で、新しい壁紙も布製にしたいということで

布製の壁紙を探しました。

しかし現在、この布製の壁紙を扱っているところは少ないく

ましてこのようなデザイン性のある生地の壁紙は国内では生産

されていませんでした。

完全な織物ではないですが、ベルギーの『OMEXCO』オメクスコという

メーカーの壁紙を採用して頂きました。



ただ生地と言っても縦糸を貼りつけたようになっていて、

その上からプリントを施してある特別な手法の壁紙になります。

織物でないので風合いがどうかと思ったのですが、

織物とは違った表現で紙製のものともことなる柄の出方です。




写真では紙製と見え方は変わらないかもしれませんが

美しい色彩と立体的なパターンが、グラウンドの縦糸との

組み合わせで奥行きのある仕上りになっています。





布製の贅沢な壁紙ですが、気に入ったものに囲まれて

暮らしたりというお客様のこだわり。

この『応接間』が生まれ変わるのもあと少し

楽しみです。


インテリアのご相談はこちらへ↓

  フランス直輸入家具と雑貨のSHOP
  フレンチシックインテリアのご提案
 ≪ÉLOGE de la simplicité≫ 
  エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ
京都市上京区駒之町561-4 スカイマンション1F
日・火曜定休 11:00〜19:00
TEL&FAX075-708-6879
河原町丸太町の交差点からすぐ。

pink.jpg


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/257
TRACKBACK