美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< サシェとルームスプレイの贈り物 | main | * WALL PAPERS * >>
PARIS 《 DES GATEAUX ET DU PAIN 》

写真 2.jpg

《 DES GATEAUX ET DU PAIN 》デ・ガトー・エ・デュ・パン
Claire Demon et David Granger

パリ7区 Rue de Bac バック通りには

ブランディボワールのお店やあのPâtisserie des rêves

ラ・パティスリー・デ・レーヴなどが軒を連ねるシックな通り。

インテリアショップなどパリのおしゃれマダムが行き交い

素敵な美術品を扱う画廊やアンティーク店などもこのエリアには沢山あります。

このバック通りをセーヌ川から南へ向かうと

『ボンマルシェ』に行き当たる通りでもあります。

パリ滞在では必ず行くその通り、今年は景色が少し変わっていました。

前回見なかった新しいお店を発見。

外からは少し薄暗く宝飾店の雰囲気。

気になりお店の中をのぞいてみると、なんとパティスリー。



ショーウィンドーの中のケーキや奥にある棚の上のパンも

ミニマルな空間に行儀良く並べられ美しくディスプレイ。

すぐさま入って買いたかったのですが、その後の予定もあり

次回におあずけ。

次来た時忘れないようにと 写真にだけ収めてきました。

日本に戻り気になって調べてみるとこの

《 DES GATEAUX ET DU PAIN 》デ・ガトー・エ・デュ・パン

クレア・ダモン氏とデビット・グランジェール氏のお店。

クレア・ダモン氏は、ピエール·エルメ、フォションに出会い、

ラデュレやブリストル、プラザアテネでキャリアを積んだという

気鋭のパティシエールだったのです。

一号店をモンパルナスに持ち、二号店をこのrue de Bac店に

オープンさせたばかりだったのです。



クレアの紡ぎだすお菓子は宝石そのもの。



遊び心のある今までにない繊細でエレガントな芸術品。

まだ、賞味はしていないけれど、いま一番気になるパティスリー。

そのお店ではデビット・グランジェール氏が作る

こだわりのパンも気になります。

次回のパリでは必ず行くと決めたお店。

今から楽しみです。

《 DES GATEAUX ET DU PAIN 》
*63 boulevard Pasteur - 75015 PARIS
*89 rue du Bac - 75007 Paris
http://www.desgateauxetdupain.com/

 
   
   pink.jpg
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/266
TRACKBACK