美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Picon Biere ピコン ・ ビエール | main | ロワール地方の小さな陶器の街 マリコルン・スール・サルト >>
フランス人とテラスと日焼
blog.jpg

MIS EN DEMEURE Pereire ワイングラス



昨日まで肌寒かった数日間。

今日からまた春らしい暖かさに戻り

外での時間が楽しくなるお天気に。

暖かくなってくるとついついテラスを探しちゃいます。

フランス人の慣習が染みついたのか暖かくなった途端

きょろきょろ。

でも、実際テラスなんてない!

京都は川床があるから鴨川沿いの飲食店は出ていますが

ほんと限られています。

フランスでは、飲食店のほとんどは冬でもテラスを出し

どこもこんな光景。


 
L’illustratrice Kanako Kuno



誰よりも焼けてやる!

とでも言わんばかり。

でも私は日光を浴び 日焼けをステータスとする価値観の

彼らとは違います。 (以前日焼けの事で書いた記事⇒)

 あくまでも、自然の空気や匂いを感じぼんやり時間を過ごす。

別にカフェのテラスじゃなくても公園のベンチや

海辺や山などにピクニックでもいい。

ピクニックならこんなグラスを持って

食器もプラスチックじゃなく陶器で贅沢に。

シャンパンなんて思い切って開けたりして。

私にとって最高の贅沢は、高級レストランや

ゴージャスな食事などではなく、

好きな人たちとの『 ピクニック 』なのです。

さあ、お弁当持ってピクニックに出かけましょうサキ




 
フランス直輸入家具と雑貨のSHOP フレンチシックインテリアのご提案 ≪ÉLOGE de la simplicité≫ エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ
京都市上京区駒之町561-4
スカイマンション1F
日・火曜定休 11:00〜19:00
TEL&FAX075-708-6879
河原町丸太町の交差点からすぐ。
pink.jpg
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/271
TRACKBACK