美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< カッティングミラー 鏡 | main | ブランディボワールとボージョリー・マリコルン >>
Muget スズランの日とメーデー 5月1日


P4280906.JPG
先日エロージュにスズランのカードが入荷しました。


5月1日と言えばフランスではメーデーの日。

労働者の為の祝日です。

1889年、パリで行われた国際労働者同盟会議で、

5月1日は労働者のための祝日とすることが採択され

その後1947年、フランス解放時の5月1日が有給休暇と

なりました。


この日ばかりは、パリでさえ殆どの商店は閉まります。

この日は各地でデモがあったりしますが、パリでは

道路規制で道路の多くが歩行者天国になり、多くの人が

街中に溢れていました。

公園でのんびりしたり散歩をしたりと。。。


2年前初めてこのメーデー日をパリで過ごしました。

私も初めてで美術館くらいは開いているだろうと

高をくくっており、ルーブルに行く計画をしていました。

当日ルーブル美術館のメトロを出ると国旗を掲げた集団が

広場で何やら演説など行っている。。。

急にSPのような人や警官が目の前にやってきたと思ったら

極右国民戦線創始者の初代党首で有名だったあの

『ジャン=マリー・ル・ペン氏』が降り立ち
(現在はその娘が党首となっています。)

シュプレヒコールが巻き起こる

びっくりした出来事もありました。


気を取り直しルーブルへ。。。閉館の文字。

観光客が入口の警備員と話しているのを聞き、

この日は美術館や博物館はすべて閉まっていると

初めて状況を理解しその日の予定が一変した

思い出があります。


そんな思い出の5月1日にはメーデーの日のほかに

Muguet(スズラン)の日とも言われます。

その日はスズランを大切な人に送ります。

起源は1561年のルネッサンス期 シャルル・9世が

幸福をもたらすとして近しい人に贈ったのが始まりと

されています。source wikipedia

5月1日は街のあちこちでこのかわいいMugue ミュゲが

売られています。

街ゆく人が大切な人のことを思って買っていく姿を見ると

春の訪れを感じると共に、幸福が溢れる時間をもらったような

気分になる一日なのです。



P4280917.JPG




 
フランス直輸入家具と雑貨のSHOP            フレンチシックインテリアのご提案             ≪ÉLOGE de la simplicité≫             エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ
京都市上京区駒之町561-4 
スカイマンション1F
日・火曜定休 11:00〜19:00
TEL&FAX075-708-6879
河原町丸太町の交差点からすぐ。
pink.jpg
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/274
TRACKBACK