美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<<  ::: 2014年5月 Blanc d'voire 予約受付のお知らせ ::: | main | 母の日に >>
インテリアへの入り口


私が初めてフランスに渡ってかれこれうん十年。。。

何度もお話してますが元々パリでファッションの仕事をする夢があり
(既に東京のファッション業界で仕事をしていました)

単身フランスに渡ったのが始まりでした。

その最初の始まりに選んだ街が ” ANNECY ” アヌシーという名の

スイス ジュネーヴから車で一時間ほどの行ったアルプスの山間にある

小さな街でした。

美しい湖と可愛い旧市街があるその街はフランスでも有名な避暑地。

日本の軽井沢のような場所で、著名人達が別荘を構える

フランス人にとっても憧れの避暑地なのです。

ただ私はそんなことは全く知らず、勉強の為にと日本人の居ない学校を

選んで行きついたのがこの街” ANNECY ” アヌシーでした。

小さな田舎町にしては非常に洗練された街で、フランスの片田舎とは違い

何でも揃っていましたし、一年を通して自然が身近に感じられるとても

美しい街でした。


ここアヌシーでは、フランス語を学びながら本当にいろいろな

出来事や出会いがあった訳ですが、最大の出会いはこの方 

Yvette イヴェット(右の女性)との出会いでした。



あるきっかけで彼女のお店『Marchand-etoffes』マルシャンデトフ

スタージュをさせて貰うことになったことからインテリアの道に

進むことになったのでした。

大好きな生地に囲まれ短いながらも夢のような日々を送り

ここで初めてヨーロッパのインテリアというものと出会いました。

アヌシーにはジュネーヴに勤める人も多く、別荘を持っている

ブルジョワも住んでいる為、要求されるインテリアの

センスも高いですし彼女の顧客も色んな方が居るようでした。


手前の彼女はYvetteのお嬢さん。

私が居た頃はまだ小さかったのですが、

彼女は今リヨンでインテリアデザインの勉強をしています。


アヌシー。

今でも愛してやまない私のフランスの故郷です。

日本ではアニーメーションフェスティバルが開催される場所として

知られています。
(元々はカンヌ映画祭と一緒に開催されていたのですがある年から
アニメーション部門だけ切り離されアヌシーで行われるようになりました)

ヨーロッパでは有名な観光地で、春から夏にかけては多くの人が訪れ

冬はウインタースポーツに、夏は湖で泳いだり色んなスポーツを楽しめます。

日本のみなさんに一度は訪れてほしい場所です。(本当は教えたくない。。。笑)

もし行かれる方は日本のガイドには無い私お勧め場所や楽しみ方を

ご紹介しますのでお気軽にご連絡下さい。



 
フランス直輸入家具と雑貨のSHOP            フレンチシックインテリアのご提案             ≪ÉLOGE de la simplicité≫             エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ
京都市上京区駒之町561-4 
スカイマンション1F
日・火曜定休 11:00〜19:00
TEL&FAX075-708-6879
河原町丸太町の交差点からすぐ。
pink.jpg
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/277
TRACKBACK