美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 母の日に | main | HOTEL LANCASTER PARIS >>
フランスという国と私
先日フランスに渡った理由や今いるインテリア・建築の世界に

入ったきっかけをお話しました。⇒ 前のお話

ANNECYという場所を選びそこから生まれたいろんな出来事は

私の人生の大きな岐路でした。


そしてANNECYことを書いていたらぐいーっと引き戻され

溢れ出したいろんな思い出、初体験の数々。

そんなことをぽろぽろ書き出してみたら。。。。



降り立ったパリで思い知らされた日本でのフランス語勉強の無用さ。

今まで考えてもみなかった24Hフランス語漬けで勉強する楽しさ。

渡仏2ヶ月でスカウトされフランス語もわからず乗り切った
ファッションショー。
(といっても観客7、800人ほどの小さなショーでしたが・・・)

本場アルプスでの雄大なゲレンデスキー。

乗馬、死ぬかと思ったラフティングや 山のてっぺんから道なき急斜面を

自転車で走り下りた恐怖のMTB冒険。

野生のブラックベリーやラズベリー、木苺、栗など

食べられる山の産物を採りジャムやオイルを作ったおいしい時間。

タンポポのサラダのおいしさを知って毎年春が待ち遠しくなったこと。

毎週日曜、友人のフランス人マモン(Maman)と一緒に作り 教わった

数々のフランス家庭料理とフランス人の日常生活。

フランスでの人生初一人旅と怖いもの知らずだったヒッチハイク体験。

国境を車で越える毎日の通学路。

フランス式、路上駐車と運転の習得。

ハイジが出てきそうなアルプス シャレ(山小屋)で過ごした

フランス式スキーヴァカンスと郷土料理。

虜になった本場のサヴォア式フォンデュとラクレット。

友人兄弟が映画レオンに出ていたという俳優の卵との出会い。

フランス大企業社長の元夫人のリュクスで素敵な湖畔邸宅の訪問。

ジュネーブの国連食堂でのランチと国連免税店でのお買い物。

毎回納得の行かない 行政や公共機関での社会主義的対応。

人種や色で区別された理不尽な差別体験。

大の 大人が感情的に本気で怒鳴りあうフランス人の気質と文化。

フランス語脳になって話す変な日本語の自分。

エルメス本社へ潜入そして面接。

初めて観たバレエがローザンヌ歌劇場でのベシャール演出だったこと。
(しかもクイーンの音楽に健在だったヴェルサーチの華麗な衣装)

ドイツ人宅で過ごし知った、エコ・BIOの賢く進んだ生活。

コメディー・フランセーズで笑い転げたフランス喜劇鑑賞。

アダプタシオン(養子)とコンパニエ(パートナー)にまつわること。

ペルーからフランスへ養子を志願した友人のこと。

ラマダン(イスラム教徒の断食)の存在。 。。。。


個人的なことはもちろんですが社会や文化、宗教、経済など

多分日本に居ては考えなかったことも山ほど体験し勉強しました。

そして、自分の無知さや小ささを思い知らされたのです。



まだまだいろんなエピソード叩けば出てきます。

いやなこともいろいろありましたが、時が流れるとそれはふるい落とされ

大きく輝いている素敵な思い出だけが鮮明に残りました。



そして洋服のパターン(型紙)を引きデザインをしていた私が

家の図面を描き空間をデザインする仕事に変わったように

私の価値観もフランスに行ったことで180°変わりました。


 人生についてや人にとっての豊かさが何であるとか。。。



近いうちまたAnnecyに行きたいな〜。



 
フランス直輸入家具と雑貨のSHOP            フレンチシックインテリアのご提案             ≪ÉLOGE de la simplicité≫             エロージュ・ドゥ・ラ・サンプリシテ
京都市上京区駒之町561-4 
スカイマンション1F
日・火曜定休 11:00〜19:00
TEL&FAX075-708-6879
河原町丸太町の交差点からすぐ。
pink.jpg
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/279
TRACKBACK