美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Atelier Junko Selection アトリエジュンコ セレクション フォトフレーム | main | エロージュ 新作ソファ >>
ガレット ブレッツカフェ そば粉のクレープ

ガレットと言えばフランス北西部の伝統料理。

そば粉で作ったクレープの上にサラダやチーズ、ハムなどのせたもの。

その草分けが神楽坂の『ル・ブルターニュ』

東京には何店舗かありますが、私は表参道店にはよく行きます。

IMG_6842.JPG

お店の雰囲気も良いし、何といってもガレットが美味しい。

昔、ブルターニュの友人がガレットのお店を始めるといっていろいろ

ガレットについて聞いたことがありました。

その時、粉と水の配合の黄金比や焼き方についてしつこいくらいに

教えられ、ガレットの命ともいえる”カリッ”とした焼き具合は

とても重要だと語っていたのが頭にこびりついています。

それ以来私は、どこで食べてもその焼き具合には注目していました。

もちろん上に乗せる具材も大切ですが、生地がべチャッとしていると

台無しになるのですから。

てんぷらの衣がカリッとしていないと駄目なように

ガレットの生地もカリッとしていないと本当のガレットじゃないのです。



IMG_6843.JPG

そうやっていろいろなお店で食べてみると、中々おししいガレットには

ありつけないことがわかりました。

たとえパリでも。。。

しかし、ここ『ル・ブルターニュ』の生地はいつもパリッとしているし

具材もフランスで食べていたものと変わらない。

IMG_6841.JPG


ガレットに欠かせないシードル(りんごの発泡酒)もお馴染みの

レ セリエ アソシエ社のもので甘口から中辛口、辛口まで揃っています。


IMG_6787.JPG


そんな本格ガレットのお店が今年4月、京都三条通りにオープンしたのです。

こちらはブレッツカフェとして甘いクレープメニューも豊富にある

モダンなインテリアのガレットとクレープお店です。

ガレットメニューは4種類ほどですが、パリッとした生地の

本格ガレットが関西でも頂けるようになりました。

ぜひ、京都にお越しの際はおいしいガレットとシードルを

食べに行ってみてください。

【 ブレッツ・カフェ 】

京都市中京区三条通寺町東入石橋町14-1三条名店街アーケード内




 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/308
TRACKBACK