美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ポットハンドカバー | main | Marie Daage マリー・ダージュ カップ&ソーサー >>
Galetto des rois. ガレット・デ・ロワ
JUGEMテーマ:ブランディボアール・MIS EN DEMEUREの家具


【 Galette des rois 】 ガレット・デ・ロワ

P1070378.JPG

【 Galette des rois 】

ガレット・デ・ロワ

昨日1月6日はキリスト教の暦で、『公現日』エピファニー Épiphanie
(ギリシャ語で公現の意)でした。
*神がキリストの姿として現れた日といわれており、
現在のクリスマスはこの日だった。

そのエピファニーをお祝いしてフランスでは
『ガレット』というお菓子が食べられています。

集まった家族や仲間の中で最年少の子供が、
机の下に隠れガレットを切り分けるのを待ちます。

その切り分けられたガレットをその子供が集まったゲストに配り
皆で頂きます。

そしてこの日の最大のイヴェントは、
このガレットに忍ばせているフェーヴと呼ばれる陶器の人形を当てること。
(その昔は白いんげん豆で、最近ではプラスチック)

このフェーヴが入っていればその日の王様になれ王冠がもらえます。
(王になったからといって特に何か得をするということもないのですが・・・)
しかし、その王様になるとは別の意味も含まれているのです。


そう、その王様は次の『ガレット』提供者となるのです。  
次の集まりでガレットをその王様が用意し皆で食べ、
またフェーヴを・・・・と、一月中はこれが繰り返されます。

とはいえ、そうそう同じメンバーが集まることもそんなにはなく
一度きりの会で終わることの方が多いのですが
一月は人が集まれば誰かしらガレットを持ってくるので
自然と沢山のガレットを食べることになるのです。


昔はクリスマス過ぎから6日あたりで終わっていたのですが、
最近では1月いっぱいまでずっとガレットが出回っているので、
延々このフェーヴ当ては続くというわけです。

人が集まればガレット、そしてフェーヴというように。
ガレットの食べ比べが出来るほどガレットを食べつくす月なのです。
 

P1070385.JPG

ガレットにもいろいろあり、ブリオッシュのような生地のものもあれば
パイ生地にアーモンドクリーム(フランジパン)の詰め物が入ったもの、
チョコやジャム入りという変わり種もあります。
(日本ではアーモンドクリームのものが主流)

この季節日本でもこのガレットが年々浸透してきたようで、
日本のケーキ屋さんに並ぶのも普通となってきました。

私の好きな”フランジパン”のお菓子であるガレットは、
一年の楽しみの一つでもあり、年末からお正月
そしてガレットと続き体重増加が免れない悩める季節でもあります。汗

そんなことを頭の隅で思いつつ、見かけるとついつい手が出てしまうガレット

でも、やめられないフランスの楽しいお祝い行事です。

今年は、ご家族で、お友達同士で新しいイヴェントとして

ガレット・デ・ロワ楽しみませんか?



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/386
TRACKBACK