美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< MIS EN DEMEURE 『CANAPÉ LONG ISLAND 2.5 P』 ソファ | main | L’Ascension ラソンシオン 昇天祭 >>
La grolle グロール フランス サヴォア地方の珍しい飲み物
GEMテーマ:フランス直輸入家具


IMG_0063.JPG

先日、知合いのイタリアンシェフお薦めの

日本では珍しい生ハムを造っているレストランに行ってきました。

その時に見たこちらの変わったもの。

私は一瞬目を疑って思わず二度見!

なんとそこにあったのは La grolle グロールと言われる

フランスサヴォア地方でしか見られない(この時までそう思っていた)

独特な飲み物を飲む時の器だったのです。

サヴォアとはスイス、イタリアの国境沿いでアルプス山脈に囲まれた

自然豊かな地域です。

ジュネーブから1時間弱で行ける日本で言う軽井沢のような避暑地。

そこに語学留学で住み始めたころ、知り合ったフランス人の友人に誘われ

ラ・クルザというフランスでは有名なスキー場へスキーをしに行きました。

誘われ訪れたラ・クルザの友人所有のChalet シャレ 山小屋。


この辺りのシャレ(山小屋) 


そこには友人の友人家族2組がスキーを楽しみに来ていました。

総勢12,3人!!

私にとっての初めてのシャレ、初めて食べたサヴォア風ポトフ、そしてグロール。

そしてシャレのすぐ前はリフトがありスキー三昧の数日でした。


そんなフランス人の友人、家族に混じり、サヴォアでも珍しい冬の料理を頂きました。

食事が終わるとなにか変わった木の器がやってきて、まずみんなが私に

のみ方を披露してくれるのです。

”飲む時は口をつける両側の穴を指で押さえながら飲むんだよ”。。。たぶん。
(この時、私の語学力は初級レベルでした)

しかしまだ、その時は中に何が入っているかは教えてもらえず

みんながこの無数にある飲み口からひとりひとり回し飲みをしていくのです。

そして、私の番。。。

言われた通り指で穴を押さえ飲んでみる、と。
(指で押さえないと中身がこぼれるからです)

中身は、なんとコーヒー?!

それもアルコールの入った!

スパイスやオレンジなどのフルーツなども一緒に。

甘く温かい寒い山小屋にはもってこいの飲み物だったのです。

この不思議な飲み物を飲んだのは結局

後にも先にもこの一度きりでしたが

このシャレで過ごした時間は貴重で(地元の人でも珍しいこと)

今でもいい思い出です。


それがなぜこの滋賀にあるイタリアンのお店にあるのか・・・

お店のご主人にすかさず尋ねてみると。

こちらのご主人

どこで知ったかこれが飲みたくてイタリア北部

ちょうどフランスとの国境沿いにあるレストランで

グロールを出していると知り

この変わった飲み物を飲みにわざわざ行ったそうです。

私はフランスでしか、サヴォアでしか見れないものと

思っていたのでそれはそれは驚きました。


まさか滋賀で再会するなんて。

ちなみにイタリアでは『グロット』というそうです。

この変わったグロ―ルがあるお店では残念ながら

お店のインテリアとして置かれているので

飲むことは出来ませんがこちらのお店

日本でも非常に珍しいイタリアの生ハムを造る

造り手さんがシェフのお店なのです。

IMG_0060.JPG

イタリアの家庭的なお料理も美味しかったですが

生ハムは格別。

こちらに行ってしか食べられないので

ぜひ足を運んで下さいね。


IMG_0061.JPG

デザートも、とーってもイタリアの味がした

懐かしいデザートでした。


また、おいしい生ハムを頂きに

グロールを懐かしみに訪れようと思います♪



おまけ。。。

このグロールのことで驚いたことがありました。

それは、ヨーロッパ人がこうして一つの器から

みんなで飲み物を飲み合うということ。

私の中では、アジアのように食卓を囲み一つの鍋をつつくというような

文化がヨーロッパにはないと思っていたからです。

しかしこのサヴォア圏、グロールしかりですが

みなさんご存じのチーズフォンデュもそうだったのです。

何がこの分け合う文化をこのサヴォアで造ったのか分りえませんが

非常に興味深いことの一つでした。

また、サヴォアに訪れた時この辺のことも探って来ようと思います。

そして、このグロールをもういちど飲みに。。。



Bonne Soiree サキ



イタリア料理 クラテリーノ


*グロールのレシピ
gnôle - ニョル  ポワールやグラッパのような蒸留酒。
café - コーヒー

zeste d’orange ou de citron - オレンジやレモンの皮
quelques clous de girofles - クローブ
その他お好きなスパイス
sucre - 砂糖






スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/420
TRACKBACK