美しい…大人のインテリアや住まいをお届けするライフスタイルショップ。
フランスの気どりない素敵なLife styleを、デザインを通してご提案いたします。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 3月1日からの店舗営業日、時間が変わります。 | main | de gournay  ドゥ・グルネイの壁紙 >>
春になると・・・ タンポポのサラダ Salade de pissenlit
JUGEMテーマ:ブランディボアールの家具


image par wikipedia   (私の場合ラルドン(ベーコン)は入れません)


ここ 二三日、匂いが春なんですよね〜。

風にのってくる自然の匂いが。

明日から3月ですもん

そう、大好きなさくらの季節がやってくる!


でも、私の場合その前に

この冬の終わりと春の始まりの境目に思い出す

とっても大切なことがあります。


それは


『ピッソンリ』=タンポポの出現!


フランスに居た時、この時期になると

まだ目を出したばかりのやわらかいタンポポの葉っぱを採りに

野山に行ってました。


タンポポのサラダにするために。


その時期を逃すとあっという間に葉が成長し

堅くなって苦味も出てきます。

出たてのタンポポの葉はやわらかく苦味も少なくて

とっても美味しいのです。


フランスのマモン=ママ(友人のお母さんですが)に

教えてもらった大好きなタンポポのサラダのレシピ。


タンポポは苦味があるのでクラッシュした茹で卵を入れた

ドレッシングで頂くとその苦味がやわらぎとーってもおいしいのです!


マモンの特製ドレッシングはオリーブオイルとサラダオイルのブレンドで

ヴィネガー、マスタード、塩胡椒のシンプルレシピ。


でも、目分量で入れるそのドレッシングは

私にはなかなか再現できない黄金比があり

マモンの舌の感覚には追いつけない難しいものでした。


これほどまでにドレッシングの奥深さを知ったのは

フランスでいろんなサラダを食べてから。


それぞれの家庭の味があり

日本で言うところのお味噌汁のようなもので

毎回食卓にのぼる定番の一品だから

シンプルで味わい深く飽きない味。


フランスの家庭で一般的に出てくるサラダは

ヴェルデュール verdure 青い菜のサラダのみ。

そこにハーブを入れたり

ナッツやオイルで変化をつけたりして

毎日のドレッシングを作っていました。


フランスに行くまではドレッシングは

瓶に入ったただかける調味料でしたが

今ではドレッシングも手は抜かず

サラダも重要な食卓の一品となりました。



その中でも好きだった

季節を感じられる『ピッソンリ』のサラダ。


春の訪れと共にフランスを思い出す

私の特別な一品です。



山にタンポポ、探しに行こうかしらんサキ







 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://en-soie.jugem.jp/trackback/468
TRACKBACK